Paper Deep

paperdeep.exblog.jp ブログトップ

Scalded

今月は、熱傷月刊・・・

2月3日、スチーマーの湯気を右手指4本にあびる・・・

この熱傷がやっと治りかけた2月13日(の金曜日)の午後
ケトルの熱湯をポットに入れようとして、左手に豪快に注ぐ!!!
という大失態をしてしまいました!!!
(両親は「学習能力が無い!」と激怒)
即座に流水で冷やしたものの、徐々に激痛が・・・

3日の熱傷より範囲も広く(左手甲の3/4くらい)水泡も出来てきたので、慌てて県立大船渡病院へ
問い合わせてみた。(※皮膚科は、県立病院へ通院しているので)
近所の皮膚科がまだ診療時間内という事で紹介していただき、電話で状態を説明し、歩いて(w)行きました。
受付で「先ほど電話した者ですが。これです。」と、手を差し出して診察を待つ。

お医者様に見ていただいた所「う~ん・・・深いな・・・。大丈夫ですよ。綺麗に治しますから」と
言っていただき、一安心。
しかし、熱傷はかなり深いという事で、暫く治療が必要という事です。
日常生活の水仕事もタブーとなり、またまた母へ負担をかけてしまいました。母、ごめんなさい。

東日本大震災から約4年・・・
沢山の被災資料を救済し、酷使に耐え続けてきた”手”に大変な事をしてしまいました・・・
d0165083_1111540.jpg


今まで頑張ってきた”自慢の美しい手”です。
跡が残らず綺麗に完治する事を願うばかりです。
[PR]
# by paper_deep | 2015-02-21 11:19

11th January 2015

完璧に放置されている状態のブログです。
思い出して覗いてみたら・・・
2014年1月11日にWindows PCが動かなくなっていた。

そして、2015年1月11日。


AQUA、当て逃げされました・・・orz


市内の某DIY店の駐車場でほんの2,3分離れた隙に、左前ドアにがっつりぶつけられました。
しかも、ドアには白い塗装がくっきりと残っており、あのドアのへこみ具合から見るとぶつけた本人は当然わかっているはずです。
即警察に連絡をし、現場検証が行われましたが、誰が当てたかは特定できず。
警察官曰く「この状態からして、当てた本人は絶対に気が付いていますね」
悪質!!!!

当て逃げされると・・・”ほぼ100%泣き寝入り”なのね・・・

ひどい話です。
正直、私も相当!!!!!!!凹みましたよ・・・


2年連続、1月11日に不幸に襲われた我が家の話でした。

・・・$#&△*@÷ΘΦΨ!!!!!!
[PR]
# by paper_deep | 2015-01-28 12:03 | etc.

Thanksgiving

怒涛の忙しさにより相変わらずブログの更新がままならない毎日・・・

2011年3月11日の巨大地震発生時、激しく揺れる愛機iMacを必死に抑えて転倒から死守して以来、iMacを見るとあの地震がフラッシュバックして・・・(T_T)
(私の場合は、日を重ねるにつれあの地震と津波のトラウマが酷くなってきています)
その後、サポート役の窓機がダウンしてしまったので、すっかり愛機iMacを放置していたら
”OSが古すぎて追いつけない”という表示が(苦笑
今さらながら「ちょっと前のOS」インストールなう^^;;; 
最新のOSではないという所が・・・林檎使いとして、ど~よ???

さてさて、生活環境が変わる春先。
私にとっては体調が崩れやすい要注意の時期でもあります。
思い起こせば2003年のEaster Holidayの4週間、全身蕁麻疹でのたうち回っていたのも春でした。
頭のてっぺんから足の裏まで蕁麻疹が出たんですのよ・・・爪と皮膚の間にまで出て、とにかく痒かった!!!!そして、蘇る記憶!注射の薬を薬局へ買いに行ったら”在庫が無い”ってw 今だから笑えますが、あの時は本当にここ(Peckham)で死ぬのかと思った・・・^^;;;

そんなこんなの今年の4月下旬・・・
手の甲に蕁麻疹が発生。その後、なぜか耳に蕁麻疹が発生。
昨年、慢性蕁麻疹を患い、それが再発したか?と思っていた矢先の
5月16日午前1時、手、腕から突然首が腫れ呼吸困難となり、1時30分に救急センターのお世話に^^;;
珍しく急患は私一人だったのですが、なかなか呼ばれず・・・
「もしかして、お医者様の仮眠の時間なのかな?」と思っておりました。
その後、処置のため呼ばれたら、担当医の先生は岩手医大からいらっしゃった応援医師の先生でした。どの治療が最善か一生懸命調べてくださっていたようです。
最善の処置をありがとうございました。おかげで、呼吸困難からは解放され、呼吸ができるようになりました(?)
この時、自分の体調以上に驚いたのが、病院の周りにいた鹿の数!!!あんなに鹿を見たのは、修学旅行で行った奈良以来だわ!!見渡す限り、鹿・鹿・シカ!!!とにかくびっくりした!
話は蕁麻疹に戻り、今は2週間に一度のペースで通院しております。

今、担当していただいている皮膚科の医者(先生)も岩手医大からいらしている応援医師です。
丁寧な問診と、原因究明(これが一番大事だと思うのよね・・・”なにが原因でこ~なったか”)、
症状と蕁麻疹の発生場所によって薬を変えてくれるという、弱っている患者にとってはまさに理想の先生ですね^^
S先生、本当にありがとうございます!!蕁麻疹が発生してしまう劣悪な環境に身を置いているので今は我慢するしかないのですが、先生の診察と薬の処方におまかせして、この場を凌いで頑張ります!!
悪化したら(?)、先生またよろしくお願いいたしますm(_ _)m

もう無理がきかないお年頃に突入しているのは重々承知しています。
あれから3年と3か月・・・体が悲鳴をあげているのも自覚しています。
でも、被災資料は今救済処置しないと残らないのです。

大船渡には山浦先生はじめ、S先生と素晴らしいお医者様がいらっしゃるので心強いです。

とにかく!!「自分にできること」を一所懸命、全身全霊でやります。
明日は、魚籃観音様の本塗りの”準備”!^^
ブログを放置している間に、やっと!!!下塗り5回終了までこぎつけました!!!
約4年かかったけど・・・やっとここまできました・・・(感涙
あの震災で被災した当時の写真を見ると・・・本当に!!”よくぞ!ここまできた!!”と自分で自分を褒め称えてやりたいわよ!!(感涙
(しかしまだ、本塗りはテスト中ですがw)

・・・なんでもいいけど、早くiMacの「ちょっと前のOS」のインストール終わってくれないかしら???
[PR]
# by paper_deep | 2014-06-20 22:57 | 11/03/2011 Disaster

28th February 2014

今年の誕生日は、いつもと違うぞ!!

①H2Aロケットの発射成功!
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/02/28h2a/
鹿児島県の種子島宇宙センターから午前3時37分、H2Aロケット23号機が打ち上げられました!
JAXAとNASAの共同開発なのですね!
私にとってはNASAと言えばJFK Space Centerですね^^
そしてJAXAは、震災直後に衛星ネット”きずな”に大変お世話になりました。
あの時”きずな”が無かったら・・・大船渡市で被災した資料(史料)の救済はここまでできませんでした。本当にありがとうございます!!

②The Hobbit - The Desolation of Smag -
本日、日本公開初日です!!!!
(・・・ただし・・・大船渡には映画館が無いので観れません・・・orz)
2000年10月、語学留学のため渡英しロンドンに住み始めた私^^
この時一番初めに買った本が”The Hobbit" by J.R.R Tolkienでした。
この時は「やっぱりTolkien教授の英語から入るのが筋よね♪ The Hobbitを読んで英語の勉強をするぞ♪」と息巻いていたのですが・・・
あまりの難解な文章(単語)に見事、玉砕!(苦笑
語学学校の先生に「無謀な!w Harry Potterから読み始めなさい」と言われました。
おかげさまで、5年後にはThe Hobbitを読んで理解できるようになりました^^

が・・・2014年の現在は、活字を追うペースが断然落ちております^^;;;
(それでも横読みは、私には楽)

③『思い出をレスキューせよ!-”記憶をつなぐ”被災地の紙本・書籍保存修復士』刊行!!!
2014年2月28日 初版第1刷発行
著 者:堀米 薫
出版所:株式会社 くもん出版

d0165083_231379.png


2004年、CamberwellのDegree ShowでMA Conservationの生徒が”電子書籍”の走りのソフトを使いプレゼンをおこなっておりました。あの時「もしかして、これからは指一本でページがめくれるというのが普及していくのか???」と驚いておりました。時代の進化ってすごいのね・・・と。
本帰国してから2007年、くもん出版営業部の佐藤様とお会いさせていただいたのが全ての始まりでした。あの時、佐藤様に出会っていなかったらこの本は無かったです。
当時、流行りに乗ってすでにiPhoneを使っていた私w(ええ、大船渡では非常に浮いておりました)この時”電子書籍”という言葉が世の中に普及しておりました。
電子書籍は、収納に場所を取らない・紙が酸化しない・破れない・いつでもどこでも読める等というメリットが沢山あります。
しかし、電子書籍が普及したら「紙で作られる本」はどうなるの???という疑問を感じておりました。新しい本は開きにくい・新書特有の紙とインクの匂い・新しい紙で手が切れるときがある・古い本の周りが黄ばんでいる・古い本は特有の臭いがする・ページをめくるときのワクワク感・カバーを本体と揃えておかないとめくれてくる(とか破れる)・落とすと(ぶつけると)角が潰れる・ページの角を三角に折ると折り目が取れない・本を読んでいると帯がずれてくるけど、はずしたくない・・・etc.
紙の本だからこそ五感で感じられることがある(あった)はずです。
これが・・・わからなくなる時代が来るのか?と思ったとき、寂しくなりました。
それと同時に古くから残されてきた記録書(アーカイブス等)のデジタル保存も進行してきていました。この”デジタル化”というのも「オリジナルがあるからこそ出来る」ことなのです。

もっとあるのですが、このようなことを切々と訴えておりました。
その時に「大船渡にレアな人がいる」とくもん出版の佐藤さんのアンテナにひっかかったようでした。そして「本にしたいですね」とおっしゃっていただきました。
当時の私は「そうなれば嬉しいですよね」くらいの感じでした・・・

この続きは・・・
『思い出をレスキューせよ!』を読んでくださいね^^

2013年、佐藤さんから電話をいただきました。「金野さん、本にしましょう!」
その後、担当となったくもん出版の谷さんが作家さんを探してくださいました。
4月、谷さん、宮城県角田市在住の児童文学作家の堀米薫さんが大船渡に来てくださいました。
堀米さんはその後、ご多忙にもかかわらず何度も遠路大船渡を訪問し、ご自分の五感すべてをフルに使って「初稿」を書きあげてくださいました。自分の事が書いてあるのですが、初稿を読んだときの感動はなんとも表現ができない経験でした。
その後、谷さん、堀米さんと何度も何度も原稿のやり取りがありました。
昨年末頃から谷さんが「2月末の刊行を目指してます」と何度かおっしゃっておりました。
なんで2月末なんだろう?と思いながら、最終校正原稿に目を通していたら・・・
巻末にサプライズが!!!!!!

2014年2月28日 初版第1刷発行

この日は、母と私の誕生日・・・驚きと感動で涙が止まりませんでした・・・

母と私は、くもん出版様と児童文学作家の堀米薫様から人生最高の誕生日プレゼントをいただきました!そして、母に”親孝行”をさせていただきました。
感動のサプライズを本当にありがとうございました!
(父は、すねておりますw)


本が出来上がるというのを、魚に例えてみます。(我は海の子なので、魚に例えるとわかりやすいw)
私→頭と骨とヒレと尻尾(漫画などに出てくる魚の骨状態)
作家さん→魚の骨に大海を泳げるしなやかで強靭な身と、ぶつかっても傷がつかずどこにいてもわかる綺麗な鱗を付けて”魚”として完成
出版社さん→魚の骨に身と鱗をバランスよく付けて、魚(本)を大海に放しても迷わないように、港(書店様)を準備して、みなさんの元へ届ける
このような感じでしょうか?

そして、1冊の本が出来上がるまでに、たくさんの方々の「手」を通ってきています。
装丁・デザインの”中村デザイン”様、印刷・製本の”共同印刷株式会社”様
そして、本を全国に届けてくださる物流会社様

みなさん、本当にありがとうございました!!!
『思い出をレスキューせよ!』は、全国という大海へ泳ぎだしました!
[PR]
# by paper_deep | 2014-02-28 22:31 | Paper Conservation

文書復旧処置システム

2月21日(金)、株式会社 資料保存器材様より文書復旧処置システムが届きました!!
このシステムは、資料保存器材様よりご支援していただきました。
本当にありがとうございます!スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。
d0165083_1441117.png


・・・これでもう、天気を気にしなくてもいいのね・・・
というのも、被災資料にこびりついた砂を落とすのは外で行っております。
直射日光を避けるため敷地内をうろついたり、風が吹けば車庫や小屋へ避難したり、
寒さで砂と共に処置する人間も固まり、雨が降れば当然できません。

そこで!大活躍が期待されるのが、このドライクリーニングボックス!!
d0165083_1451056.png

d0165083_1452784.png


コンパクトに収納することができます!
狭い部屋で仕事をする私には大助かり!
d0165083_1463926.png


株式会社 資料保存器材の皆様、本当にありがとうございます!
自宅に持ち込まれている被災資料救済の救世主です。
[PR]
# by paper_deep | 2014-02-23 14:09 | 11/03/2011 Disaster

Paper Conservator; Western Books and Manuscripts. Bookbinder. Living in Ofunato-shi, Iwate, with my lovely cat.Sorry, Japanese only so far...


by paper_deep
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31